注目記事

こんにちは。化粧品検定1級&管理栄養士のMr.Beauty(@MrBeauty2019)です。

前の記事で、「ブビブビリップ」という唇の角質を落とすリップスクラブを紹介いたしました。

綺麗な唇になったので、もっとケアしたくなり、いいリップケア製品を探しました。

そこで見つけたのが「キュレル リップケア バーム」と「キュレル リップケア クリーム」です。

「キュレル リップケア クリーム」は@コスメの口コミなど評価も高いですが、「キュレル リップケア バーム」は2019年7月にネット先行販売された新商品です。

合わせて使ってみた所、いい感じだったのでレビューいたします。

キュレル リップケア バーム、キュレル リップケア クリーム特徴まとめ

キュレル リップケア バーム概要
製品名:キュレル リップケア バーム
販売会社:株式会社花王
ジャータイプのリップバーム
医薬部外品
寝る前にひとぬりで、翌朝までしっかり潤いを密封。ふっくらなめらかな唇に
潤い成分がセラミドが唇の角層に浸透し、乾燥などの外部刺激から保護
唇のひび・荒れを防ぐ
2019年8月3日発売
容量:4.2g
価格:オープン価格(1200円くらい?)

 

キュレル リップケア クリーム特徴
製品名:キュレル リップケア クリーム
販売会社:株式会社花王
医薬部外品
スティックタイプのリップクリーム
ほんのりピンクに色づくタイプもあり
潤い成分がセラミドが唇の角層に浸透し、乾燥などの外部刺激から保護
密着力が高く、潤いを閉じ込める
累計販売数630万本突破(2010年8月~2018年12月)
@コスメベストコスメアワード2018 ベストリップケア第3位
容量:4.2g
価格:オープン価格(918円)

キュレル リップケア バーム使ってみた!

半透明のクリームです。最初は指の腹で取ってみましたが「かたっ!」という感じでした。

しかし、爪でぐいっと取ると結構柔らかかったです。

冬場は硬くなるかもしれません。

米粒1粒大ずつ上下の唇になじませます。

唇の筋は縦に通っているので、上下に刷り込みように塗ります。

「何も塗っていない状態」から、「リップケア バームを塗った状態」「リップケア バームを落とした状態」の写真を掲載しました。

リップケア バームを塗るとかなりツヤが出ます。

このまま就寝しましたが、朝起きてもこのツヤのある状態がキープ出来ていました。

リップケア バーム落としても、水分が閉じ込められており、ふっくらしていました。

「ブビブビリップ」で角質ケアしてから使うのがおすすめです。

キュレル リップケア クリームも使ってみた

半透明のスティックです。

ほんのりピンク色に色づくタイプもありますが、こっちの方が評価は高かったです。

一塗りしただけでツヤが出て、潤いを閉じ込めている感じです。

Mr.Beauty
このコンビで冬の乾燥する時期にどこまでパワーを発揮できるか楽しみです。

キュレル リップケア バーム、キュレル リップケア クリームの口コミ・評判

キュレル リップケア バームの口コミ

まだネット先行販売で口コミは少なかったですが、使った人の感想はいい感じです。

キュレル リップケア クリームの口コミ

これまで630万本売り上げ、@コスメベストコスメアワード2018 ベストリップケア第3位にも輝いていて、やっぱり評価はめちゃくちゃ高いです。

https://twitter.com/tkcchiee3101/status/1145535948513394689?s=20

唇もぷるぷるになると、白い歯がより輝きます☆

キュレル リップケア バームはネットでまとめ買いか店舗で

小さい商品なので、送料がかかってしまうと割高なので、「○○円以上で送料無料」のようなまとめ買いを利用するといいかと思います。

あるいは実際にドラックストアなどの店舗でお買い求めてもいいかもしれません。

私の感覚としてはネットの方が価格は安くなっている印象です。

まとめ

2019年8月3日に発売される「キュレル リップケア バーム」をネット先行販売で購入し、「キュレル リップケア クリーム」と併用しました。

「キュレル リップケア バーム」はスティックでは出来ないような、スペシャルケアが寝ている間に完了しました。

「キュレル リップケア クリーム」は評判通りで改めてレビューする必要はないくらいでした。

このような同じジャンルの製品は一緒に使うことで、相乗効果が期待できるものが多いです。

セットで使えば冬の乾燥する時期でも、唇を「荒れやひび割れ」から守ってくれそうな予感がしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
Mr.Beauty

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事